活動日誌−東奔西走

【12.01.25】知立団地の餅つき大会に三河万歳も出場。

東っ子・昭和の餅つき大会が盛大に行われました。

   
 昭和のまちづくりを進めたいと昨年夏の「ゆかたで盆踊り」につづく企画、餅つき大会は1月15日、知立団地商店街アーケードを利用して行われました。商店会、子ども会、地域の様々なボランティア有志が協力して企画から呼び込みまでの準備を行いました。

 東小学校の和太鼓・清龍、三河地域の伝統芸能である三河万歳の出演、そのた、ポン菓子作り、石焼いものボランティア出場で大いに盛り上がりました。約200名の参加となり、餅つきも高学年の子どもたちが参加し、お餅も12臼が飛ぶようにみんなのお腹に。ポン菓子も珍しそうに,また、大きな音に驚きながら見て、食べて・・・。子ども達の写真がないのが残念でした。

 

東小の清龍はますますの演技力。親父の会の方々が獅子舞で色を添えました。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)