牛野北斗のプロフィール

略歴

☆1989(平成元)年 知立市逢妻町に誕生
☆2001年 知立小学校卒業
☆2004年 竜北中学校卒業
☆2007年 日本福祉大学付属高等学校卒業
☆2011年 日本社会福祉学部社会福祉学科(夜間)卒業

  《職歴》
☆2007年4月〜2011年3月 特別養護老人ホームヴィラトピア知立(介護職員)
☆2011年4月〜2013年8月 長野県根羽村社会福祉協議会
☆2014年11月〜2017年6月 株式会社かみや介護サービス(生活相談員・介護職員)
☆2017年7月〜2018年3月 法務省名古屋刑務所(ソーシャルワーカー)
☆2018年7月29日執行の知立市議会議員選挙に初当選
☆2018年8月26日より任期スタート(最年少・初の平成生まれ議員)
 市民福祉委員会、予算・決算委員会、議会改革特別委員会、議会だより編集委員会の各委員会に所属 刈谷知立環境組合議会議員

《資格》社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員など

《趣味》富士登山、読書(愛読書『星の王子さま(サンテグジュペリ)』『山月記(中島敦)』)

プロフィール

☆知立の文化の中で育って・・・
 小学校より知立まつりの「お囃子」(西町)や竜北中学校の山車文楽部にて「文楽人形遣い」を経験してきました。また、大学4年時には「知立市まちづくり委員会」にも参加。

☆大学で福祉を学び・・・
 子どもの時からボーイスカウト活動などのボランティア活動に参加をする中で、気が付けば福祉を志す少年に。高校時代にホームヘルパー2級を取得。日本福祉大学では、地域福祉や地方自治について学びました。また、学生自治会の副委員長も務め、障害を持った学生への支援や、奨学金問題、平和活動に取り組みました。

☆福祉の現場でひとすじに・・・
 大学在学中より、老人ホームで介護職として働きました。卒業後は、過疎化の進む根羽村の社会福祉協議会に勤務、消防団など地域活動に参加。その後は、知立市内の小規模デイサービスにて認知症ケアや家族支援の仕事に就きました。介護保険制度では十分に対応できない緊急時の宿泊サービスとして「お泊りデイサービス」の提供を行いました。さらに、刑務所のソーシャルワーカーとして障害や高齢により支援の必要な受刑者の出所後の生活再建の調整、社会復帰支援の仕事も経験、市会議員選挙立候補のため退職しました。
一方で、学生時代より高齢者疑似体験の講師として、小学校などの福祉実践教室にて高齢者福祉への理解を広げるボランティア活動にも取り組んでいます。

☆知立市議会議員として・・・
 福祉の現場に就く中で、多くの苦労されている人たちに出逢い、今の福祉制度の矛盾点とぶつかりました。私自身も、少年時代は苦手なことが多く、友人や先生などに支えられてきました。命を守る福祉の専門職としての経験から、平和で、高齢者も若い世代も安心して住み続けられる福祉の充実した知立市を目指します。さらに、若者の政治離れを憂うより、発言の場を増やし、若者が活躍できる仕組みつくりを目指します。「福祉の増進」という地方自治の原点に立ち、また、「住民こそ政治の主人公」という日本共産党の理念を大切に、皆さんと一緒に活動をしていきます。  

連絡先

・住所:知立市昭和7丁目1 知立団地42-102
・TEL:0566−89−2377
・FAX:0566−89−2644
・Mail:swushino@hokutowell.net
・Facebook:牛野北斗

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)