ダウンロードページ

862件のデータ / 1件目 〜 10件目 を表示

カテゴリ:
都市計画マスタープランは企業誘致を優先、優良農地127haの減少には反対=日本共産党= ( 民報かきつばた )
農業法人提出のプラン見直しの陳情に日本共産党は賛成。他の会派の反対で不採択に。

▼ダウンロード (2020.3.22  都市マス農地.pdf/容量:637KB)

第2次子ども・子育て支援事業計画を議決 ( 民報かきつばた )
5つの基本目標で計画の充実を目指すもの。子どもに寄り添い、権利の保障、専門的な視線を求め、日本共産党が賛成討論

▼ダウンロード (2020.3.22 子ども計画.pdf/容量:505KB)

小学5年生の児童8人が陳情。知立市議会始まって以来初。子どもにも陳情行使の権利 ( 民報かきつばた )
「小学校体育館トイレ改善を求める陳情書」を企画文教委員会は全員が賛成、最終本会議で採択しました。

▼ダウンロード (2020,3,15「八ツ田小児童有志,体育館トイレ改善の陳情」.pdf/容量:1003KB)

増加する日本語指導の必要な児童生徒。重要な課題。 ( 民報かきつばた )
愛知県は9,100人で全国最多。県は新たに早期適応教室補助金交付。知立では杜若教室が対象。ようやく補助金が実現。指導員1人増員に。

▼ダウンロード (2020.3.15 1面  日本語教育の必要な児童 .pdf/容量:755KB)

第6次総合計画 5年経過の中間見直し。  ( 民報かきつばた )
市長公約、子育て日本1に柱でもある少人数学級は{拡充」から「継続」のトーンダウン。未実施の中学2学年と3学年へ早期拡大を求める。

▼ダウンロード (20.3.8 2 面 総合計画の問題点.pdf/容量:667KB)

第6次総合計画 ( 民報かきつばた )
 知立市3月市議会は、第6次総合計画(2015年度〜24年度)改定案を審議しています。今回の改定は策定から5年が経ち、新たな環境に対応するため。総合計画は、知立市の基本方針であり、最上位計画です。改定案では、情報化社会への対応や待機児童対策などが盛り込まれるものの、市長が推進してきた少人数学は現計画の拡充を「継続」にする等の問題もあります。計画案は本会議質疑を経て、3月10日の企画文教委員会で審査されます。

▼ダウンロード (20.3.8 2 面 総合計画の問題点.pdf/容量:667KB)

事務事業点検で既存の市民サービスは後退 ( 民報かきつばた )
事務事業点検、大型事業優先の対応ではないか

▼ダウンロード (20.3.8 1 面 佐藤一般質問 .pdf/容量:430KB)

国民健康保険税、限度額引き上げたが、所得割、均等割り、平等割は据え置き ( 民報かきつばた )
国民健康保険制度の県域化で、愛知県は160億円の剰余金が発生、市も国保基金は5億円に増額。国保税の値上げ必要なしと、追及してきた日本共産党。結果として、限度額の引き上げ3万円にとどまる。

▼ダウンロード (2020,3,1 2 面 国保税.pdf/容量:476KB)

2020年度予算、過去最大の393億1,790万円に。 ( 民報かきつばた )
一般会計は246億円、前年比3,4%増額。日本共産党が提案してきた高齢者ドライバーへのブレーキ等踏み間違え防止装置設置補助や、一時保育の定員拡大などが盛り込まれました。

▼ダウンロード (2020,3,1 1面 予算案 .pdf/容量:489KB)

3月議会一般質問は、16人が通告。 ( 民報かきつばた )
日本共産党市議は、医療費無料拡大、教員の多忙化解消、SDGSの展開、踏切改善、ミニバスの充実など、住民に寄り添って質問しました。

▼ダウンロード (20,2,23 1面、質問通告,NO2025 表.pdf/容量:488KB)

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)