ダウンロードページ

809件のデータ / 1件目 〜 10件目 を表示

カテゴリ:
第26回議会報告会、参加者60人で開催されました。 ( 民報かきつばた )
知立市議会は11月10日、第26回議会報告会を中央公民館で開催。議会報告会は年4回の定例市議会後に開催しています。今回は約60人が参加しました。第1部は各常任委員長が9月議会について報告。第2部は市民との意見交換会を行い、市民11人が行政の見直し、市政50周年記念事業など様々な角度から意見が表明されました。

▼ダウンロード (18,1118「第26議会報告会」No.1,962.pdf/容量:367KB)

地区ごみ集積所の運営方法 市が再提案 ( 民報かきつばた )
開所時間を指定日、16時から20時と翌朝6時から8時に。当初は、夜中もゴミ出し可能と説明しており、不法投棄の心配の声が多く出され、「読ま課は禁止」と変更。鍵は夜中も空いている状態。不燃ごみの分別も変更。

▼ダウンロード (18,11,18 ごみ集積所 no,1962.pdf/容量:354KB)

自治体キャラバンが国、県へ意見書提出を陳情 ( 民報かきつばた )
愛知県自治体キャラバン実行委員会は10月25日、知立市議会議長に「介護・福祉・医療などの施策拡充についての陳情書」を提出しました。

▼ダウンロード (2018,11,11「福祉充実へ国・県に意見書提出を」.pdf/容量:297KB)

地区ごみ集積所の管理を市へ! ( 民報かきつばた )
知立市は、資源ごみ・不燃物集積所(52か所)の管理方法変更を検討。2019年4月から、現在の町内会が管理をしている集積所を市直営とする内容です。現在の立ち番をなくし、市が集積所の開閉やカゴ設置などを管理。夜通しのゴミ出しが可能となる案で、不法投棄などの不安の声が寄せられています。

▼ダウンロード (18.11.11 「不燃物集積の変更について」NO1961(表).pdf/容量:475KB)

企画文教委員会が三鷹市「コミュニティ・スクールを基盤として小・中一貫教育」を調査 ( 民報かきつばた )
 知立市議会企画文教委員会(7名)は10月26日、東京都三鷹市の「コミニュティ・スクールを基盤とした小・中一貫教育」を調査しました。一般的には小・中一貫校は小学校と中学校を統合し、一つので9年間の義務教育を行うものです。しかし、三鷹市では、コミニュティ・スクールを基盤とした小・中一貫教育を既存の小・中学校を存続させたまま、義務教育9年間の一貫教育を行っています。日本共産党市議団の佐藤おさむ議員が参加、以下、調査概要を報告します。

▼ダウンロード (2018,11,4「行政視察、三鷹市」.pdf/容量:340KB)

キャラバン3団体が市と懇談、陳情提出 ( 民報かきつばた )
誰もが安心して生活できる制度への改善提案、切実

▼ダウンロード (18.11.4 キャラバン3団体.pdf/容量:614KB)

志木市の保育ステーション視察報告 ( 民報かきつばた )
埼玉県志木市は待機児童対策の一環で、国の支援事業である「保育ステーション事業」を平成29年7月から実施。公的負担は保護者負担を除き、国、市2分の1づつですが、利用は伸び悩み効果には疑問を感じました。ちなみに30年度運営費は1360万円とのこと。

▼ダウンロード (18.10.28 「志木市保育ステーション事業(市民福祉視察報告)」NO1959(裏最新).pdf/容量:545KB)

知立市平和祈念式を開催。全員で知立市平和都市宣言を唱和しました。 ( 民報かきつばた )
式典に続き、戦争をテーマにしたアニメ映画「この世界の片隅で」を上映。中学生代表の生徒は「とてもよかったです」とコメント。

▼ダウンロード (18.10.21 「知立市平和祈念式典」NO1958(裏).pdf/容量:377KB)

第14回子ども議会を開催 ( 民報かきつばた )
福祉、見費バス、情報発信、観光、防犯など、まちづくりについて切実・新鮮な提案続々

▼ダウンロード (18.10,21.NO1957「」第14回 知立市子ども議会」佐藤さん.pdf/容量:588KB)

小中学校エアコン設置の実現へ全力 ( 民報かきつばた )
学校エアコン設置に向け前進
実施設計費等3千万円予算化
市長が、31年度に全校に設置約束を答弁

▼ダウンロード (かきつばた全戸配布 9月議会(表) NO,1957.pdf/容量:972KB)

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)