ダウンロードページ

861件のデータ / 1件目 〜 10件目 を表示

カテゴリ:
市民福祉、横浜市プラスチック対策を視察。資源循環で海洋汚染防止目指す ( 民報かきつばた )
知立市議会市民福祉委員会は11月12日、横浜市の「プラスチック対策」について視察を行いました。横浜市は、地球規模の問題となっているプラステチックによる海洋汚染防止に向け、「資源循環アクションプログラム」を2019年9月に策定しています。視察には日本共産党市議団の牛野北斗議員が参加、市をあげた取組みについて報告します。

▼ダウンロード (2019,12,1 2面 一般質問、横浜視察.pdf/容量:639KB)

第30回議会報告会 ( 民報かきつばた )
 知立市議会は11月2日(土)午後1時30分より中央公民館にて第30回議会報告会を開催、参加者は議員20人を含め45人でした。第1部では常任委員会(企画文教・市民福祉・建設水道)の各委員長が条例案や2018年度決算、19年度補正予算等の質疑について報告しました。第2部の市民との意見交換では、7人の市民からの発言がありました。

▼ダウンロード (2019.11.10 議会報告会 (裏写真).pdf/容量:629KB)

教員を今以上、長時間働かせる「1年単位の変形労働制」反対 ( 民報かきつばた )
 教員の長時間労働は依然として深刻で、過労による休職や痛ましい過労死があとをたちません。最近では教員志望の学生が減り続け問題となっています。長時間労働の是正は、日本の教育の現在と未来のかかった問題です。市内小・中学校の教員の超過勤務の実態も深刻です。そんななか、安倍政権は、公立学校の教員に「1年単位の変形労働時間制」を導入する法案を臨時国会に提出。労働組合などから「今以上に長時間労働になる」との批判の声が上がっています。

▼ダウンロード (2019、11,10 「教員への1年単位の変形労働時間反対」.pdf/容量:429KB)

「2019年度県内被爆者行脚」が知立市に ( 民報かきつばた )
 愛知県原水爆被災者の会(愛友会)副理事長の大村義則氏は、核兵器廃絶、平和行政・教育、被爆者支援の充実を求め、「2019年度県内被爆者行脚」として、知立市を訪問・懇談しました。要請項目の一つである「ヒバクシャ国際署名」には、林市長は快く応じましたが、田中健市議会議長は「署名しない」との回答をよせました。日本共産党市議団の佐藤・牛野議員と前議員の中島牧子さんが同席しました。

▼ダウンロード (2019,11,3 2面 被爆者行脚.pdf/容量:560KB)

愛知自治体キャラバン、介護や医療等の施策充実を。市民ら15人が知立市と懇談 ( 民報かきつばた )
 第40回目となる愛知自治体キャラバン実行委員会が10月29日、知立市を訪問し、介護・福祉・医の会知立支部など含め15人が参加、日本共産党市議団の佐藤・牛野議員も同席しました。市は保険健康部長以下11人が対応。席上「自治体として市民の立場で施策充実を」と意見交換、市と議会に【介護・福祉・医療などの社会保障の施策拡充を求める陳情書】を提出しました。

▼ダウンロード (2019,11,3 1 面 自治体キャラバン.pdf/容量:542KB)

唱和未来会議PT,もやいこ農園交流会を開催。 ( 民報かきつばた )
「食}で多文化共生を目指す。4か国の手作り料理やゲームで交流。昭和老人憩いの家に90人の熱気。

▼ダウンロード (19.10.27 もやいこ畑 未来会議(表)写真なし .pdf/容量:858KB)

保育行政の充実求め、あいち保育キャラバンが知立へ。 ( 民報かきつばた )
待機児童解消、保育士確保の取り組み、しょうきぼほぴくじぎょうへの補助など意見交換を行いました。

▼ダウンロード (19.10.20 1 面  保育キャラバン  .pdf/容量:490KB)

地球温暖化対策は待ったなし。太陽光発電普及を ( 民報かきつばた )
異常気象が深刻化し、災害規模が拡大。こんな中、太陽光発電の固定価格買い取り価格引き下げが。普及促進にブレーキ。補助金増額を。

▼ダウンロード (19.10.20 2面 地球温暖化 .pdf/容量:425KB)

市民の声を届け、暮らしの充実に全力。身近な事業・福祉予算削減の事務事業点検に反対 ( 民報かきつばた )
 知立市議会9月定例会では、日本共産党市議団の佐藤おさむ議員、牛野北斗議員が、一般質問を行い、くらしの充実を求めました。2018年一般会計決算は、歳入230億5900万円余、歳出222億3400万円余で、市税増収もあり、実質収支は8憶1500万円余の黒字です。日本共産党は討論で、100年に一度と呼称する鉄道高架事業が進む一方、優先順位が低いとの選別のもと市民要望が事業化されない問題点を指摘し、決算認定に反対しました。

▼ダウンロード (2019,10,13 りりオ歩道など .pdf/容量:1463KB)

9月決算議会 消費税を増税しても福祉はやはり良くならない ( 民報かきつばた )
 9月市議会は、2018年度の決算審査の議会でした。一般会計では、消費税5%から8%への引き上げ分による福祉財源が交付されたものの、増税と一体で実施された法人市民税の一部国税化の影響で差し引きでは減収に。介護保険及び国民健康保険特別会計は黒字決算となり、基金を大幅に増しました。保険料など引き上げは問題と指摘しました。

▼ダウンロード (2019,10,13 1面 9月決算.pdf/容量:759KB)

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)