日本共産党知立市議団

新着情報

市政の動き - 【18.05.24】《春の自治体キャラバン》非正規職員の処遇改善・均等待遇、平和施策の積極的推進などを要請 (議会報告) NEW!

 春の自治体キャラバン実行委員会(代表 榑松佐一)は5月15日、「憲法をいかして働く者の権利を守り、住民生活向上、平和施策の充実」をテーマに知立市と懇談。「自治体で働く非正規職員の処遇改善、憲法を守り、自治体として憲法遵守と平和に向けた施策拡充」などを要請。

市政の動き - 【18.05.24】《第25回議会報告会》知立市の観光行政・インクルーシブ教育・知立駅周辺の放置自転車対策 3テーマ別に熱心に議論 (議会報告) NEW!

 5月12日(土)午後1時半から、第25回議会報告会が中央公民館で開催され、行楽日和のなか47名が参加。3月定例会の報告の後、3つの常任委員会ごとにテーマ分け意見交換が行われました。初めて参加された人は「楽しく参加できた」「みんなが意見を言えて良かった」など感想を述べていました。

市政の動き - 【18.05.11】《核兵器廃絶へ》2018年国民平和大行進がスタート・核兵器禁止条約への署名・批准を (議会報告)

 広島・長崎への原爆投下から73年。最悪の残虐兵器の廃絶をめざす2018年国民平和大行進が5月6日、東京・夢の島からスタート。60年目の平和大行進は、昨年、核兵器禁止条約採択という歴史的合意を生みだしました。知立は6月3日、午前9時30分から知立市中央公民館前で集会、刈谷市役所に向け行進。平和を願うあなたもぜひご一緒に。

市政の動き - 【18.05.11】《ミニバス》アピタ、図書館など安気にお出かけ・高齢者などの外出支援に大活躍 (議会報告)

 「バス、座れるようになってうれしい」・・・イエローバスの利用者から喜びの声が多く届きます。昨年10月から75歳以上の無料化に続き、今年4月5コースのバスの座席数が24になったことで利便性が高まり、好評。一方で、バス停まで歩いていけない人の課題は依然棚上げ。検討が必要です。

市政の動き - 【18.05.01】《平和憲法》1947年5月3日施行され71年:国民が平和を希求して制定 (議会報告)

 日本国憲法は1946年11月3日交付、47年5月3日に施行。憲法記念日と定めました。今年は憲法が施行されて71年。憲法は人類の普遍的原理である平和主義、基本的人権、民主主義を保障しています。憲法記念日は、一人ひとりが憲法について考えるいい機会です。

市政の動き - 【18.05.01】《これでいいのか》奨学金返済への支援制度創設を!自己破産件数急増、年2009件 (議会報告)

 日本共産党知立市議団実施の市民アンケート(回収数320)の項目の中で、「若者支援の要望」として、27%の人が給付型奨学金(大学生)と回答。意見として、「給付型になると、奨学金返済で苦しむ若者が減る」「我が家も返済で苦しんでいます」など。

市政の動き - 【18.04.23】《下水マンホール》知立団地の下水が噴き出す:通学時の児童がびっくり (議会報告)

 4月18日朝、通学時間帯に団地内の歩道にある5ヵ所のマンホールから汚水が吹き出し、通行人はびっくり。小学生も登校時間にあたりびっくり。連絡を受けた日本共産党は、さっそく市の宿直に連絡 下水課の職員が駆けつけました。

市政の動き - 【18.04.17】《第7期介護保険》保険料基準額55,800円/年・前期比4800円の値上げに (議会報告)

  2018年度から3ヵ年を期間とする、知立市第7期介護保険事業スタート。先の3月議会では、介護保険料条例改正、介護保険特別会計予算の審議・採決が行われ、日本共産党市議団以外の会派の賛成で可決。国は10月実施に向け、生活援助・福祉用品レンタルへの利用制限、負担増の方針。関係者から反対の声が上がっています。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)