日本共産党知立市議団

新着情報

市政の動き - 【17.06.23】《委員会審査》原発廃炉、共謀罪法案の廃案等の8陳情・・全陳情に賛成の意見表明=日本共産党= (議会報告) NEW!

 知立市議会6月定例会に、原発廃炉・共謀罪法案の廃案・最低賃金の引き上げなど、国への意見書の提出を求める陳情書8件提出されました。企画文教委員会で6件、市民福祉委員会で2件の審査がおこなわれましたが、すべて不採択に。日本共産党は、全ての陳情に賛成しました。

市政の動き - 【17.06.23】《6月議会補正予算》ミニバス購入費2556万円余・・初めての中型バス(61人乗り) (議会報告) NEW!

 知立市議会6月定例会に提出された補正予算に、ミニバス運行事業・自動車購入費2,556万8千円が計上。イエローコースは、座席が11であり9時台、10時台は満車。障がい者でも座れない状況で、転倒の危険も。日本共産党が改善・提案してきた定員61名、24座席の中型バスが実現。

市政の動き - 【17.06.16】《教育勅語》「道徳での教材使用は考えられない」日本共産党の質問に教育長が答弁 (議会報告)

 安倍内閣は教育勅語について、「憲法や教育基本法に反しないような形で教育に関する勅語を教材として用いることまでは否定されることはない」と使用容認を閣議決定。時代錯誤の教育勅語を園児に暗唱させていた森友学園を賛美しました.教育長は「道徳の教材使用は考えられない」と答弁。

市政の動き - 【17.06.16】《サウンドテーブルテニス》障がい者スポーツの推進を:視覚障がい者の卓球を提案 (議会報告)

 日本共産党は6月議会、視覚障がい者が楽しめる「サウンド・テーブル・テニス」の推進について質問。音が出るボールをネットの下を転がし、その音を頼りにプレイする卓球です。市長も教育部長も「初めて聞きました」としながら、「実際に見て検討したい」と表明しました。

市政の動き - 【17.06.12】《核兵器廃絶へ》あいち平和行進in知立行進に市長が参加、激励 (議会報告)

 6月3日、知立市中央公民館前広場で午前9時30分〜あいち平和行進2017、知立刈谷コースの出発集会が開催。日本共産党の佐藤議員が歓迎あいさつ。平和行進は今年で60年目。5月6日東京・夢の島を出発、広島へとバトンをつなぎます。北海道、沖縄などから、核廃絶を訴え全国で3カ月かけ歩き続けられます。

市政の動き - 【17.06.09】《子どもの貧困対策》保育料の軽減、就学援助の改善 =全国各地の運動が国を動かす= (議会報告)

 子どもの貧困率(標準世帯の年間可処分所得の半分未満以下で暮らす子どもの比率)が高くなり、支援策強化の声が広がっています。そんな中、国は保育料の軽減策拡大を示し、現在、ひとり親世帯の子や第2子軽減、第3子減免などがありますが、さらに追加、平成29年4月以降の保育料に適用されます。

市政の動き - 【17.06.02】《危ない通学路》通り抜け車両が増加、狭い牛田20号線、分りにくい、守られない制限速度(昭和・牛田町高根地域〜踏み切り) (議会報告)

 牛田20号線にかかる昭和地区の区長や住民から、朝夕の通勤、通学時の交通量が増加、しかも制限速度をオーバーしての走行に対し、「危険」と訴えがあります。住民は、安城からの迂回路としてここを通り抜ける車が増えている」と指摘し。実効ある対策が必要です。

市政の動き - 【17.06.02】【6月議会】 子育て支援策・障がい者スポーツ・安心の医療/介護・教育行政・UR包括協定 など質す〔日本共産党〕 (議会報告)

 知立市議会6月定例会の一般質問は、6月8・9・12日の3日間。20名中17名が質問通告。日本共産党市議団の3名は国の動向も見据え、様々な角度から市政を質し、切実な市民の要求実現にむけ奮闘。日程は次のとおり。ぜひ傍聴にお出かけいただき議会を身近に感じてください。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)