日本共産党知立市議団

新着情報

市政の動き - 【18.04.23】《下水マンホール》知立団地の下水が噴き出す:通学時の児童がびっくり (議会報告) NEW!

 4月18日朝、通学時間帯に団地内の歩道にある5ヵ所のマンホールから汚水が吹き出し、通行人はびっくり。小学生も登校時間にあたりびっくり。連絡を受けた日本共産党は、さっそく市の宿直に連絡 下水課の職員が駆けつけました。

市政の動き - 【18.04.17】《第7期介護保険》保険料基準額55,800円/年・前期比4800円の値上げに (議会報告)

  2018年度から3ヵ年を期間とする、知立市第7期介護保険事業スタート。先の3月議会では、介護保険料条例改正、介護保険特別会計予算の審議・採決が行われ、日本共産党市議団以外の会派の賛成で可決。国は10月実施に向け、生活援助・福祉用品レンタルへの利用制限、負担増の方針。関係者から反対の声が上がっています。

市政の動き - 【18.04.16】【知立市障がい福祉計画】障がいの重度化、高齢化のなか地域で支え合う共生社会目指す (議会報告)

第5期知立市障がい福祉計画が3月議会で成立。 成果目標は福祉施設から地域へ。 しかしそれには相談体制の強化が必至です。

市政の動き - 【18.03.12】《控除申告の未提出等で》年金の過少支給(全国で130万人) (議会報告)

 一定額以上の年金を受取り、所得税がかかっている人は、控除を受けるために毎年、申告書提出が必要です。これまでは往復はがきで、変更がなければ「変更なし」にチェックを入れて返送すれば済んでいました。ところが、今回は、A3用紙に記入し、返信する方法に変りました。周知不足もあって申告ミスなど続出です。

市政の動き - 【18.03.05】《衣浦東部広域連合》救急搬送は10,732件、50%以上が高齢者:緊急通報装置による救急搬送は164件 (議会報告)

 2月14日の衣浦東部広域連合議会の一般質問は、日本共産党知立市議の佐藤修・碧南市議の磯貝明彦の2名(定数17)佐藤議員は、救急出動・搬送について質問。緊急通報装置による通報・出動実績はとの問いに、消防長は「2017年の救急出動は192件、搬送は164件」と答弁。

市政の動き - 【18.03.02】《3月市議会》予算規模375億6410万円(前年比0.4%増)過去2番目規模予算を上程 (議会報告)

 知立市の18年度当初予算は、第6次総合計画の実現や人口ビジョン・まち・人・仕事創生総合戦略の推進に向けた事業に向け、限られた財源での「有効利用」「優先順位」を強調。市長の自助、共助の掛け声ばかりが大きくなります。

市政の動き - 【18.02.26】《3月議会》乗ってみたくなるミニバス・小規模事業者活性化・グループホーム・国保の県域化・教員多忙化解消・など質す・・日本共産党 (議会報告)

 知立市議会3月定例会の一般質問は、2月28日・3月1日・2日の3日間。質問通告は20名中17名の議員が提出。きめ細かい対応が必要な昨今、日本共産党市議団の3名は様々な角度から、切実な市民の要求実現にむけ奮闘します。質問内容と日程は以下の通りです。ぜひ傍聴にお出かけいただき議会を身近に感じてください。

市政の動き - 【18.02.19】《H30年度税制改正》中小企業の生産性向上・設備等の更新償却資産に係わる固定資産税の減免 (議会報告)

 政府は通常国会に「生産性向上臨時特別措置法案」を提出・成立させ、中小企業・小規模事業者への償却資産に係わる固定資産税の臨時特例的な減免制度創設等を打ち出しています。市内の中小企業・小規模企業の振興に資するものなのか検討が必要。以下、概要をお知らせします。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)