日本共産党知立市議団

新着情報

市政の動き - 【17.11.14】《被爆者行脚・知立市来訪》ヒロシマ・ナガサキの被爆者の願い:二度と被爆者をつくらないで (議会報告) NEW!

 今年も被爆者への理解と支援を要請するために愛知県内すべての自治体を訪問する「被爆者行脚」が11月8日実施。日本原水爆被害者団体協議会は重要課題として「被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」に取り組み「核兵器のない世界」の実現をめざし 絶え間ない努力を積み重ねています。

市政の動き - 【17.11.10】《11/4 議会報告会》参加者42名と低調が続く・・参加者の意見は率直で貴重 (議会報告)

 11月4日(土)、第23回議会報告会が開催されました。参加者は42名で低調傾向。議会改革特別委員会では報告会の在り方の議論を続けていますが、タウンミーティングや外部講師を招き市民と議会の合同研修会など試行錯誤です。さらに参加者を募りながら継続する方針です。

市政の動き - 【17.11.06】《企画文教委員会》東京都日野市へ行政視察(10月25日)インクルーシヴ教育の先進事例 (議会報告)

 企画文教委員会が、東京都日野市、品川区で行政視察を行いました。日本共産党市議団の中島牧子市議が参加、先進的取り組みで全都道府県の視察があるという日野市におけるインクルーシヴ教育を紹介します。元校長の宮崎芳子氏の熱心で詳細な説明を受けました。

市政の動き - 【17.11.06】《愛知自治体キャラバン》介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充を求め知立市を訪問・懇談 (議会報告)

 愛知自治体キャラバン実行委員会が10月26日、知立市を訪問、介護・福祉・医療などの社会保障の施策拡充を要請・懇談。要請団は新日本婦人の会など含め14人、日本共産党市議団の池田・佐藤議員も同席。市は保険健康部長以下11名が対応。懇談後、「介護・福祉・医療など施策拡充を求める陳情書」を市議会に提出。

市政の動き - 【17.10.30】《衣浦東部広域連合》H28年度の火災等の出動は21,766件:知立市は2,680件、1日当たり7.3件 (議会報告)

 衣浦東部広域連合のH28年度決算額は、歳入63億5,308万円、歳出61億2,015万円。歳入の83%を5市拠出の分担金・負担金で総額52億7464万円、知立市負担分は6億8841万円。歳出の主なものは、消防ポンプ車など7台を購入・更新。知立署の高規格救急自動車、はしご自動車各1台を更新。

市政の動き - 【17.10.30】《第48回衆議院10・22総選挙》知立市投票率59・41%・小選挙区は大西氏〔希望の党〕が勝利 (議会報告)

 第48回衆議院選挙は超大型台風21号の接近で期日前投票が25・88%と過去最高。特に最週末3日間は、列をなす事態に。体が不自由な人には大変でした。当日、雨が強い中「平和憲法を骨抜きにされたら大変」と出かけたという人も。投票率は全体で59・41%、前回比より微増だが相変わらずの低さです。

市政の動き - 【17.10.23】《ミニバス》75歳以上:無料パスケースに後期高齢者医療の保険証入れ提示 (議会報告)

ミニバス:10月から75歳以上の人は無料に。市から送られた無料パスケースに、各自で後期高齢医療被保険者証を入れ、乗車の際、提示すれば無料に。しかし、常に持ち歩くことに不安の声も寄せられ。日本共産党は高齢者証明書を検討するよう提案。

市政の動き - 【17.10.23】《不燃ごみ》クリーンセンターへの搬入差止めで・第2不燃物処理場に集積、ごみの山に (議会報告)

 平成28年度の知立市の不燃ごみ排出量は約497トン、従来、燃えないごみをクリーンセンターへ搬入・処理していました。しかし、分別が不適切でセンターでの処理が困難との理由で、4月から搬入差止めに。市は山屋敷町の第1不燃物処理場内に分別作業場を整備、対応。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)