日本共産党知立市議団

新着情報

市政の動き - 【17.03.16】《小学校整備》大型事業が集中するなか、小中学校整備計画に遅れ (議会報告)

 老朽化する公共施設対策として、公共施設保全計画及び公共施設等総合管理計画を策定。日本共産党は3月議会、小中学校10校を対象に計画の進捗、見通しについて質問。市は鉄道高架事業など大型事業を抱えるなか、「毎年1棟は整備はしたい」と答弁。厳しい財政運営、大幅な計画の遅れは深刻。

市政の動き - 【17.03.16】《老人福祉センターの改修》 改修費2600万円余を提案急な「浴室廃止」に困惑の声 (議会報告)

 老人福祉センターの利用者から「お風呂がなくなるのですか」「あまりに突然の、張り紙一枚の通知はひどすぎる」との声が。17年度予算で市は、トイレの改修、浴室の廃止(他施設へ変更)のため、2,600万円余の改修費を提案。市内唯一の無料のお風呂の廃止を知った市民から、戸惑いの声が!

市政の動き - 【17.03.10】《ミニバス改善》75歳以上無料化の予算を計上:総合公共交通会議設置を条例化 (議会報告)

 ミニバスの年間利用者数は29万人超と、市民の交通手段として無くてはならないものとなり、より一層の充実が求められています。2017年度予算には、10月から75歳以上無料化のため252万円(半年分)を計上、ミニバスの一層の充実・改善の検討を期待したいものです。

市政の動き - 【17.03.10】《中学校部活動》80時間超の時間外勤務が46%(中学校)豊橋市は17年度〜朝部活を禁止 (議会報告)

 県教委は16年5月、教員の多忙化解消に向けたプロジェクトチームを立ち上げ、7回にわたる審議を経て、11月の取り組みに関する提言を実施。時間外勤務80時間を超える教員が中学校で38・9%に及び、その要因で最も多いと見られる部活動の在り方を提言。「朝部活の禁止」を通知。

市政の動き - 【17.03.10】《どうなる介護保険》 医療・介護・総合確保推進法で安心・介護を受けられるか不安広がる (議会報告)

介護保険制度が始まって18年目。当初からの「保険あって介護なし」との心配が。団塊世代が75歳を迎えるのが2025年、介護の必要な人が増える事を理由に、介護サービスがどんどん削られ、利用料負担の引き上げの一方で、介護は施設から在宅へと介護度によるサービスを制限。

市政の動き - 【17.03.10】《鉄道高架》事業完了年度まで、あと7年・・総力あげで負担割合改善を (議会報告)

 鉄道高架事業は2016年度、駅部・名古屋本線の仮線工事完了が危うい状況にある、17年度には高架本体工事開始、予算案は、市が負担する事業費7億3千万円余を計上。総事業費615億円、市が負担する事業費は107億円、事業進捗とともに残額が減り、17年度末には54億6千万円余になる見通。

市政の動き - 【17.03.10】 (議会報告)

市政の動き - 【17.02.28】《一般質問の順位変更についてお知らせ》質問予定者の取り下げがあり日本共産党:中島まき子議員の質問時間は3月2日午前11時頃からに繰り上がりますのでお知らせします。 (議会報告)

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)