日本共産党知立市議団

新着情報

市政の動き - 【17.08.14】《これでいいのか》最低賃金の引上げ等を求める陳情:日本共産党以外の反対で不採択に (議会報告) NEW!

 ワーキングプワーが社会問題化して久しいなか、格差と貧困の拡大に歯止めがかからず。6月議会には、国へ格差と貧困の是正を求める「最低賃金の引上げ、全国一律最低賃金制の確立を求める陳情書」提出。採決では日本共産党の3名が賛成、他会派すべてが反対し不採択に。

市政の動き - 【17.08.14】《議会改革チェック》市議会の傍聴、児童はダメか:蒲郡市議会の報道で議論に (議会報告) NEW!

蒲郡市議会6月定例会を傍聴に来た小学生たちが傍聴席への入場を拒否され、マスコミで問題になった。規則では「児童及び乳幼児は傍聴席に入ることは不可。ただし、議長の許可を得た場合はこの限りではない」としている。知立市議会では改めて「開かれた議会」目指し、規則改定の見直し議論を始めることに。

市政の動き - 【17.08.13】《沖縄の民意は》辺野古への新基地建設中止の陳情・・日本共産党以外の反対で不採択に (議会報告) NEW!

 戦後72年、一向に解決しない沖縄の基地問題。6月議会には国へ意見書提出を求める、「沖縄県民の民意を真摯に受け止め、地方自治を尊重し、辺野古の新基地など米軍基地建設の中止を求める陳情書」が提出されました。本会議採決では、日本共産党3名が賛成、他会派の全員反対で不採択に。

市政の動き - 【17.08.13】《第22回議会報告会》初のタウンミーティング知立市議会が開催〔7月29日〕 (議会報告) NEW!

 知立市中央公民館で知立市議会・第22回議会報告会=タウンミーティング=開催。初めての企画で、会場から出されたテーマのうち3つに絞り、グループに分かれて意見交換が行われました。 いずれも熱心で、それぞれ今後の方向性について問題提起されました。

市政の動き - 【17.07.28】《下水道料金未徴収105人》「1月の新聞報道後に調査したら」知立市も徴収もれ(現時点)800万円 (議会報告)

 今年1月、他市で下水道料金の徴収漏れがあったとの新聞報道があり、知立市は「念のため」調査。下水道を接続している7千237件のうち、6月末で1千703件(23・5%)を調査した結果、45件105人の未徴収が発覚。金額にして796万3千677円でした。市は引続き全ての対象者の調査を行い、後日結果を発表するとしています。

市政の動き - 【17.07.28】《申請できます》認知症も精神障害者保健福祉手帳:チェックリストで確認、相談を。 (議会報告)

 知立市は要介護認定者へ、確定申告のための障害者認定書を発行していますが、障害者施策の福祉タクシー券などの支援はありません。要介護認定の認知症の人は、症状により精神障害者保健福祉手帳の交付される可能性があります。しかし、多くが知らないのが現状です。市は周知に努めるべきです。

市政の動き - 【17.07.28】《これでいいのか》印鑑証明、住民票、戸籍謄本等:個人番号カードでコンビニ発行(10月5日〜) (議会報告)

知立市印鑑証明条例が改正、個人番号カードがあればコンビニで印鑑証明等が発行できる仕組みに。他にも住民票、戸籍謄本、戸籍の附票が対象。市内30店舗で午前6時半〜午後11時まで利用可能。役所に行く必要なし「利便性向上」との説明、日本共産党は安全性、費用など問題が多く、反対。他会派は全員賛成でした。

市政の動き - 【17.07.19】《6月市議会》共謀罪法案廃案などの8陳情を否決:H30年度、国民健康保険税大幅値上げか! (議会報告)

 6月市議会に市民有志及び関係団体が国への意見書提出を求める陳情を提出。「共謀罪法案の廃案を求める陳情」代表者は趣旨説明で「戦前の隣組による密告、監視社会」について述べ廃案を要求。国民健康保険はH30年度、県運営(県域化)に変り、知立市の保険税額(県試算)は、1人当り3万2千円もの大幅値上げか。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)