活動日誌−東奔西走

【11.05.09】2011年のかきつばた

業平像がみつめる花は

   から衣
  きつつなれにし
   つましあれば
    はるばるきぬる
     旅をしぞおもう
在原業平が都に残した恋いしい人を思いながら詠んだその昔、杜若の花はどのように咲いていたのでしょうか。
一昨年、知立の杜若が水の入れ替えに時期を同じくして、病気が蔓延して、だめ(?)になり、見るも無残で観光客をがっかりさせました。旧跡保存会の方々が土の入れ替え、苗の入れ替えと努力され、今年、苗は不ぞろいながらもきれいな花が見られるようになりました。昨年建立された業平像もほっとしているようです。

 

かきつばた園の北側からスロープをとおり入園できます。知らない方がまだ多いのでは?

   車椅子の方も園内のスロープで、かきつばたを見やすくなりました。多目的トイレの設置と、そのすぐ裏に、これまで閉鎖されてなかった北の入り口が新たにでき、スロープで車椅子の出入りも可能になりました。
 声があがってから10年以上になりますが、やっと誰でも訪れることができるかきつばた園になりました。
 でも、PR不足で、知らない方が沢山います。もっと、PRを!

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)