市政の動き−議会報告

【21.05.26】コロナ禍、知立市が 生理用品配布事業 を開始 女性の経済的な負担軽減・支援に

市役所、社協の女子トイレに引換カードを設置 市は150セットを用意、それぞれ窓口で引換え

   コロナ禍で職をなくし、とりわけ女性は再就職が困難との状況があります。家庭収入が激減し困窮していることも。そのような中、女性の経済的負担を軽減する目的で、市は「生理用品(昼用、夜用のセット)」配布事業を5月20日開始。一人1回ですが、お困りの人には適切な支援につなぐとしています。配布窓口は市の1階チ觚、または社会福祉協議会の窓口です。引換カード、またはスマホのホームページの提示、もちろん口頭での申し出も受け付けます。原則、女性職員が対応します。ご利用ください。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)