市政の動き−議会報告

【24.05.12】NO.2225 マイナ保険証利用率5%台と低迷する中 医療保険証廃止の補正予算を日本共産党以外の他会派議員多数で議決

現行の健康保険証廃止予算への賛成会派・議員は 世論に背く対応であり、批判を免れない!

   知立市議会は5月1日、
.泪ぅ淵鵐弌爾坊犬訃鯲祺正
猿渡小学校北棟改修工事に係る契約案件
D螻杆裟播に係る一般会計補正予算
す駝鰻鮃保険証廃止に係る国保会計補正予算
を審議。
日本共産党は,鉢い鉾紳个垢襪盒産党以外の他会派の賛成多数で可決。△鉢は全会一致で可決しました。ここではす駝鰻鮃保険証廃止に係る国保会計補正予算について、概要をお知らせします。

今年12月2日以降現行保険証発行停止、資格確認証に

   国民健康保険特別会計補正予算は、マイナンバーカードと健康保険証の一体化のためのシステム改修で、1千424万円余を計上。これは、2023年6月の健康保険法一部改正等の成立を受けたもので、今年12月2日に現行保険証の発行を停止し、原則としてマイナンバーカードに保険証機能を持たせたマイナ保険証に一本化するためです。マイナ保険証を取得していない人に「資格確認書」を交付するもの。
 具体的には、◆資格確認証の発行(現行保険証と同内容)◆資格情報のお知らせを交付(マイナ保険証には自己負担割合の記載がないため、窓口負担の誤徴収防止対策)◆現行保険証発行の廃止機能等の改修です。

現行保険証利用はいつまで

 今年12月2日以降、新たに被保険者になり、マイナ保険証を所持していない人には資格確認証が交付されます。すでに被保険者の人には、8月中旬に令和7年7月31日まで有効の健康保険証が交付されますが、更新時期にマイナ保険証のない人は令和7年8月1日からは資格確認証にする方針です。

マイナ保険証利用率は直近で5・47%、信用されず低迷

   デジタル庁によれば、マイナンバーカードの普及率は79・1%(本年1月21日)、マイナ保険証登録率は57・4%です。知立市のマイナンバーカード普及率は81・1%、マイナ保険証登録率は58・6%。カード普及率、マイナ保険証登録数も全国平均とほぼ同じです。一方、マイナ保険証利用率は昨年来4%台と低迷し、国が医療機関に利用促進奨励金を出した直近の3月でも5・47%。これはマイナ保険証のオンライ資格確認の相次ぐトラブル、自己負担割合の確認が出来ずに窓口10割負担の請求などが発生し、利用者の信用を失ったからに他ならず、現行保険証の廃止反対の世論が多数派です。マイナ保険証への不信感が強いことが伺われます。

現行保険証廃止、一本化はカード取得の任意性を覆す

 日本共産党市議団は、◇マイナ保険証の相次ぐトラブルで利用率が低迷する中、現行保険証存続は多くの国民の願いでは。◇マイナンバーカード取得は任意なのに、保険証の廃止、マイナ保険証への一本化は任意性を覆し、マイナンバーカード取得を強制するものではないかと質しました。担当部長と市長は、質問に答えることなく「薬剤、特定健診情報など、より多くの医療情報を共有することで、最適の医療を受けられる」等と述べ、マイナ保険証普及推進の考えを繰り返しました。国民の願いに背く対応でいいのでしょうか。

5月臨時会:定例会同様に審議

 今までの臨時会は、常任委員会及び予算・決算委員会に議案を付託せず、本会議での審査及び採決を行ってきました。今回の5月臨時会は、審査案件が多いとし、4月25日開催の議会運営委員会で定例会同様に委員会付託を行い、しっかりと審査すべきとの結論を得て、企画文教・市民福祉委員会、予算決算委員会を開催しました。  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)