市政の動き−議会報告政策・見解

【11.07.29】興和紡跡地:ホームセンター・コーナン出店計画!東高校・周辺住民、交通対策に不安

[計画変更]開店(アサ)6時15分→9時に南側・西側の敷地内に歩道設置

   興和紡跡地(アピタ西)にホームセンター出店を計画しているコーナン商事は7月8・9の両日、大規模小売店舗法に基づく説明会を開催しました。焦点になっていた開店時間は、高校生などの通学時間を配慮して、午前6時15分の計画を9時に変更。また、歩行者の安全を確保するため、敷地内に1・5mの歩道を設置(南側・西側)が決まりました。コーナン商事は「年末オープンの目標」を明らかにしましたが、参加者からは開店後の交通安全対策への不安の声が続出しました。

幹線道路なく住宅地で車の渋滞!

 興和紡跡地への大型店進出計画の最大の問題は、当該予定地が幹線道路に面しておらず、東高校通学路や生活道路に店舗利用者の車が混入することです。コーナン商事の説明では、「休日一日当たりの来店車両は3162台(平日1807台)」を見込んでおり、575台の来店者用駐車場を設置します。
 説明会参加者からは、「予定地西側に車両出入り口が設置されるが、西側は生活道路で危険だ」、「南側衣豊線側道から進入する場合、地点4(下図)の右折車両が渋滞する」などが指摘されました  

日本共産党が改善提案。一般質問で

日本共産党知立市議団は、昨年12月市議会一般質問で、
(1)開店時間の午前9時への変更、
(2)予定地の南・西・北側に歩道の設置、
(3)衣豊側道の交差点改良及び信号機設置(地点4)などを提案。
今回の説明会では、開店時間の変更及び歩道設置に加え、南側出入口の位置が、東高校正門前から、東側アピタよりに変更されました。また、来客が多い時期には、各出入口に交通整理員を配置することも約束されました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)