市政の動き−議会報告

【17.04.07】《がんばってます日本共産党》 産後ケア事業・教員の多忙化解消・来迎寺児童クラブ・放課後子ども教室・昭和地区に多目的交流センター:熱心な提案でミニバス(75歳以上)無料に〔3月議会〕

〔 逢妻保育園〕 市は「園児少ない」と主任保育士を廃止:3歳未満児保育を急げ=日本共産党=

 2017年度予算では、これまで日本共産党が提案してきた事業などが実現します。ミニバスの75歳以上の無料化は先の選挙公約です。議会で何度も提案し、ついに実現。高齢者の外出支援、交通事故防止に役立ちます。町内公民館を設置する場所がない昭和地区、団地の空き店舗利用で「もやいこハウス」の隣に交流センターが10月に開設予定です。待機児童解消で提案してきた逢妻保育園での3歳未満児保育の実施は検討のないまま、園児が少ないからと主任を廃止。これは許せません。

  =放課後の子どもの居場所は?= 

 

=念願のミニバス無料化・初めの一歩=

 

   =出産・子育て不安がいっぱい=

 

=先生だって疲れているのでは?=

 

=少人数学級・大切な課題なのに=

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)