市政の動き−議会報告

【17.06.23】《委員会審査》原発廃炉、共謀罪法案の廃案等の8陳情・・全陳情に賛成の意見表明=日本共産党=

立志会、市政会、民友ク、公明党が企画文教委員会で全ての陳情に反対

 知立市議会6月定例会に、原発廃炉・共謀罪法案の廃案・最低賃金の引き上げなど、国への意見書の提出を求める陳情書8件が個人、労働組合関係、市民有志から提出されました。6月16日に企画文教委員会で6件、19日に市民福祉委員会で2件の審査がおこなわれましたが、すべて不採択になりました。日本共産党は、全ての陳情に賛成しました。

共謀罪法案廃案の陳情⇒陳情者が趣旨説明

   共謀罪法案の廃案を求める陳情は、牧正彦氏を含む市民8名の連名で提出されました。委員会で趣旨説明に立った牧氏は、「戦前の隣組による密告、監視社会」について述べ共謀罪法案は監視社会を招くと訴えました。
日本共産党は、
/佑寮弧燭篆搬痢∈盪困覆匹慮益を害する危険性がない合意を処罰するもので、277もの罪を設定し ている。警察の判断で処罰と捜査の対象とされ、刑法の原則である行為主義に相反する。
警察は、犯罪とは無縁の市民の人権・プライバシーを侵害する活動を行っている。警察・検察に活 動の法的根拠を与え、深刻な人権侵害を招くことになる。
9餾歔反ト蛤疔瓢濔鯡鵝複圍錬綻鯡鵝砲蓮国連立法ガイド起草者が「テロ防止と無関係」と意見表 明している。共謀罪は条約締結に必要なしと指摘し、賛成しました。
 反対意見は、「TOC条約批准に必要」などです。企画文教委員会は、6陳情(上表)を審査。立志会、市政会、民友クラブ、公明党は全て反対しました。

原発再稼動は新たな[安全神話]と指摘

   老朽原発の廃炉を求める陳情に日本共産党は、
仝業稼働ゼロでもエネルギー不足は生じなかった。
原発停止で再生可能エネルギー等の普及拡大が進んだ。
J‥膰業事故の収束のめどがない中、再稼動は安全神話の復活そのもので危険である。
こ砲里瓦濬菠の見通しはなく、再稼動で核のゴミが増加すると指摘し、賛成しました。
 反対意見は、原発を廃炉にして「日本の産業界の電力がまかなえるのか」「国民の健康的で文化的で安心の生活が困難になる」「原子力規制委員会がしっかり調査し、稼動を認めている」などです。

低賃金のもと少子化の進展等の問題点を指摘

   市民福祉委員会は、最低賃金の引き上げ・全国一律最低賃金の確立を求める陳情書など2件(上表)を審査。日本共産党は最低賃金引き上げの陳情に、年収200万円以下は4人に1人、若者では2人に1人であり、これではいい仕事ができない、家庭を持つのも無理、少子化進展などの問題点を指摘し、賛成しました。
 反対意見は、最低賃金は「経営者と労働者にとってバランスの良い金額設定」、「企業にとって耐えられない」等。立志会、市政会、民友クラブは2件とも反対しました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)