市政の動き−議会報告

【17.12.01】《12月市議会》国民県単一化・待機児問題・歯科検診・治療・障がい者支援・避難所対策など質す・・・日本共産党

 市議16人が一般質問:12月6・7・8日 ぜひ傍聴に

 知立市議会12月定例会の一般質問は、12月6・7・8日の3日間。質問通告は20名中16名の議員から出されました。日本共産党市議団の3名は様々な角度から質問、切実な市民の要求実現にむけ奮闘します。質問内容と日程を、お知らせします。ぜひ傍聴にお出かけください。議会を身近に感じていただける絶好の機会です。

 中島まき子市議

  障がい児・者の支援について
‘段婿抉膤惺擦斑聾犠中学校の副次的学籍の保障について
⊂磴い者 就労支援の状況と一般就労の実績は
就労継続支援A型事業の実態把握と充実について
増加する待機児童対策
(欅藹蠡垉〇童数の近年の推移
∋劼匹癲子育て支援計画の数値目標ととのかい離について
B垉〇解消の取り組みと逢妻保育園の3歳未満児保育施設実施の検討

 池田ふく子 市議

  歯科検診・治療の推進
〇の疾病による影響をどう考えるか
∋科検診の実態
8/納診率向上のため方策は
こ綾从て颪聞睥霄堙に対する訪問検診・治療のとりくみについて
読書好きの子どもを育てるために
‘表駑イ譴両況と読書の有効性
▲屮奪スタートの意義と効果は
0豐咾靴浸劼匹眞への読書指導

 佐藤おさむ市議

  安心できる国民健康保険に
こ惺察κ欅藥楡濺の実態と充実
‥堝刺楔化の目的について
公的医療保険別保険税(料)比較について
M菁度の保険税について
じ彩叛度について
命守る避難対応を
‖翩21号への対応、その課題について
∋慊衄鯑饅蠅僚襪機寒さ対策を
J〇稟鯑饅蠅粒設訓練について

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)