市政の動き−議会報告

【19.01.18】予算要望書の回答から

「学校体育館のエアコン設置への県補助制度を求める」「避難所体育館の冷暖房設備はレンタルで対応]など回答

  災害時に長期の避難生活をする指定避難所は、知立市内に26か所あります。その内、学校体育館と福祉体育館にはエアコンが設置されていません。これまで、日本共産党は暑さ・寒さ対策としてエアコン設置や県へ補助創設を要望するように、求めてきました。19年度回答書では、安心案安全課は「災害時の対応は、スポットクーラーやストーブ等のレンタルを考えている」と回答。また、教育委員会教育庶務課は、学校体育館のエアコン設置については「県に対し、補助制度を設けるよう求める」と回答しました。一歩前進です。今後、市の積極的な取り組む姿勢が求められます。

 また、福祉体育館のエアコン設置については、「アリーナは費用が大きく困難」としているが、「柔道場・剣道場については検討」(生涯学習スポーツ課)と回答しました。

八ツ田町地内の危険な交差点の改良工事進展、年度内に完了の予定

   県道安城八ツ田知立線と市道牛田町西中線との交差点付近は「鋭角交差で危険。信号がほしい」と住民から安全対策を求める声が強く、日本共産党は、緊急対応として、‥祥酲瓢澪瑤寮瀉屐↓⇔礁魅ーブミラーの設置など求めてきました。市は、すでに、転落防止柵を新設。また、右方面しか見えない、現在のカーブミラーは、「左右両面で大型のカーブミラーを今年3月までに設置する」と表明。提案が実現します。さらに、鋭角交差の改善のため、交差点北東の角(約40屐砲髻∈G度内に舗装し、車の退避場所を確保するとしています。しかし、信号機設置はさらなる課題です。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)