市政の動き−政策・見解

保育無償化。待機児解消は先送りの矛盾も。「基準」以下の認可外施設も無償化

3歳〜5歳は月額3万7千円まで無償に。非課税世帯3歳未満児の無償化、上限4万2千円まで

   今年10月から3歳〜5歳及び0歳〜2歳の住民税費非課税世帯の子どもたちの幼稚園、保育園などの利用料が無償化されます。また認可保育園に入れなかった子どもの受け皿である認可外保育施設も無償化に。全ての子どもの無償化は当然のことです。しかし、5年間は「国指導基準」以下でも対象とすることは、保育の質の確保の点から「矛盾」を抱えてのスタートといわねばなりません。

認可外保育施設とは

   認可外保育施設は、都道府県知事が認可している認可保育所以外の保育施設で、無認可の保育施設などで「託児所」、「ベビーホテル」「居宅訪問型保育事業(ベビーシッター)」など名称に関わらず、保育を目的とする施設です。認可外保育施設を設置した場合には、設置した日から1ヶ月以内に県知事等に「設置届け」提出が義務付けられているだけで、認可保育園のような設置基準がなく、また公的援助がほとんどなく、保育の質の確保が困難とされています。

「国基準」以下でも5年間は無償化対象に。

 国は、無償化の対象となる認可外施設に、「認可外保育施設指導基準」を満たすことを求めています。「基準」は、6人以上を保育する施設は、「保育従事者の3分の1を保育士資格者とすること、1人当り保育面積は1・65岼幣紂廚覆匹鯆蠅瓩討い泙后しかし、「基準」を満たしていない場合でも5年間を猶予期間とし、無償化の対象とします。全国市長会からは、「基準」を満たさず、安全性の保障のない、一律の無償化に批判が噴出。国は批判を受け、市町村が条例で無償化の範囲を限定することができるとし、その判断を市町村に丸投げしました。知立市は、無償化の範囲を限定する条例を制定しない方針です。
 

市内の無認可保育施設9ヶ所は、無償化に向け県へ届出

   市内の無認可保育施設は、企業型施設3ヶ所を含め9箇所です。無償化の対象施設となるためには県への届出が必要、市内9施設は届出をしており、すべて無償化の対象施設となります。ちなみに、利用者数は市外の子どもを含め140人とのことですが、市内の子どもたちの人数は現段階では分っていません。
 子どもが無償化の対象となるためには市の「保育の必要性の認定」を受ける必要(認可保育園と同等)があります。その認定に沿って無償化手続きが行われ、費用は、国・県・市が負担します。
 無償化は、3歳〜5歳までの子ともたちは、限度額月額3万7千円、0歳〜2歳までの住民税非課税世帯の子どもは限度額月額4万2千円です。保育園以外にも、ファミリーサポート事業の利用も対象で、期待されます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
二次元バーコード
RSSフィード(更新情報)